dfhash

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。


 ・・・ 。

ここでは明け2歳馬、2012年産の出資馬のご紹介です。
自分は現在、2つのクラブ会員ですが今回はキャロットでの出資馬を。


jgahgg

ミーⅡ の 2012  牝2  栗東・安田隆行厩舎入厩予定
2012年2月21日生 (セレクトセール2013取引馬でNF吉田勝己社長が落札)
生産:本間牧場
育成:ノーザンファーム早来
父:Medicean (2代父:Machiavellian (ミスプロ直仔))
母:ミーⅡ (BMS:Green Desert) 母9歳時出産 第2仔


昨夏、カタログとDVDを眺めつつ、募集馬92頭について『配合』を最優先に検討を重ねましたが… ハッキリ言って、そんなに出資意欲に駆られる馬がこのクラブには居なかったというのが本音。

 ・・・ 。


でもそんな中、たった1頭だけ
『おぉっ!』と唸る1頭がいた。
それがこの、『ミーⅡ の 2012』


結局、12年産については複数あれこれ出資しようとも考えられず、結果、『ミーⅡの2012』これを最優先でこれ一本のみを大口でブッ込み出資申込をしました。が、なんと最優先枠で抽選とは…(結果、無事に当選しましたけども)

まぁとにかく静止画から見てとれるトモの発達ぶり。『牝馬らしからぬ』と表現されればそういうことだがむしろ『容量と丸み』がとてもキレイに映る。こういうパワー型が昔から好みだったりするわけ。この辺りは良くも悪くもモロに母系の『パワー型過ぎる』部分が出ているかと。

それはそれとしてこの血統面にも魅かれる。その構成はサドンストーム・ティーハーフ兄弟と似ている。

で、肝心の母系の Green Desert
Green Desert には栗山さんや望田さんによれば Halo を持ってくるのが手っ取り早いらしく、相性抜群で本馬もその理に適っている(サドンストーム・ティーハーフ兄弟と理屈は同じ)。

あと、自分的に気に入っているのは、
2代父 Machiavellian の母 Coup de Folie にある、名牝 Almahmoud の3×3
父にこの系統を持ってくるならばこの Almahmoud を母系にも用いてちょっと刺激してあげるのが良いかな? と。それは父 Medicean にしてそうであるように、本馬の母系でもチョコチョコと。
血統表にナタルマの名が5代目に並ぶ本馬の活躍は約束されていると勝手に確信しておりますが。

このパワー型。
函館スプリントS、キーンランドC のサマースプリント路線からスプリンターズSなんてまさにイメージ通りなんですけどねぇ…。

まぁ、この馬は本当に楽しみですヨ!