djhlsghfaksg


レッドルシアン号 牝2 美浦・鹿戸雄一厩舎
11月30日(土) 5回中山1日目
第9R 葉牡丹賞(2歳500万下) 芝2000M


先週のベゴニア賞(芝1600M)を不運にも除外されこちらに回る。
気が勝るタイプでマイルあたりが適距離と思われるが、
今回やむを得ず、芝2000Mの葉牡丹賞に回った。

牡牝混合の1勝クラスの特別戦ゆえ牝馬は不利にも思えるが、距離が延びたことでスローな展開にならないか。舞台は中山であるし、一瞬の脚が決め手となる流れにでもなれば一発あっても不思議ではない。
鞍上は蛯名が中京に回ることになりそうで柴田善臣騎手を予定。

=========

レッドクラリス号 牝2 美浦・古賀慎明厩舎
12月7日(土) 5回中山3日目
第4R 2歳未勝利戦 芝2000M


デビュー戦は5着惜敗も権利が取れたこともあり、体調も問題は無く、期限内続戦。
少々ズブいトコもあり出負けするので距離延長をと思っていたところ陣営もそのような番組を選択してきた。レースではその出負けをしてもコーナー4回の2000Mだし、向正面から徐々に進出する形にでもなればそれはむしろ、それこそハーツクライの真骨頂とも思えるので、こちらの2000Mは流れてもらってタフな展開になったほうがこの馬には有利。2戦目の上積みもあるだろうし、楽しみな1戦となりそう。
鞍上は引き続き北村宏司騎手。

=========

ジャッカスバーク号 牡2 美浦・古賀慎明厩舎
12月8日(日) 5回中山4日目
第7R 2歳500万下 ダート1800M


真打ち登場。
新馬戦快勝後、ご褒美でNF天栄にリフレッシュ放牧に出る。
しかし、あまりに馬のほうが調子が良くて唸ってるらしく、牧場の勧めもあり厩舎に戻された。まぁそれは良いけども2歳のこの時期はもちろん、3歳春くらいまでクラシック世代はダート番組は少ないので、戻ってきてもしょうがないと個人的には思っていますが…。
仕上がりも早く評判の高い外国産馬も数頭出てくるでしょうが、一泡吹かして欲しいね。テンから行けるようなら戦法としてはもう逃げてもらいたい。強引なまでに自力で引っ張って『逃げ切ってみろ!』と言いたい。

ジャッカスバーク号には他馬と違ってたくさん出資しているし、
500万下を勝ち上がればオープン入りだからね。

この一戦は力が入るわ。 お楽しみに!

鞍上は帰国のメンディザバル騎手に替わりこちらも北村宏司騎手。