はい!こちら『韓デリジャーナル編集部』です!

所詮、「本ブログ」のサテライト的位置付けです。  釣果報告以外の話しはこちらに綴っていきます。

2014年05月

【3歳500万下】ジャッカスバーク怒涛の追込み!圧巻の内容で2勝目!5

gjkjf


ジャッカスバーク号 牡3 美浦・古賀慎明 厩舎
2011年1月29日生
生産:社台コーポレーション白老ファーム
育成:ノーザンファーム空港
父:シンボリクリスエス
母:ウェスタリーズ(BMS:フジキセキ) 母6歳時出産 初仔


出資馬ジャッカスバークが5月11日の東京競馬で
新馬戦以来の2勝目、束の間のオープン入り!



昨年10月の新馬戦を快勝後、続く500万下で4戦連続で人気を裏切って…
でも、 ようやく勝てました。

2014年5月11日(日) 2回東京6日目 第6レース
サラ系3歳500万下 ダート・1600M 12頭立て (混合)[指定]


大外12番枠から好スタートでゲートを出るも、鞍上の戸崎圭太は慌てず騒がずで馬を中団まで下げる。通常、東京ダートのマイルはそのコース形態からペースが速くなりがちではあるが、メンバー構成からレースはやや落ち着いて淡々と流れる…。その流れを6番手から追走した。

 ・・・ 。

スローな流れを察する後続勢、
3角を回ったあたりからレースは急激にペースアップ。

ジャッカスバーク号は恵体から繰り出される豪快なストライド走法を武器に外をブン回し、ラクに逃げている前団を1番人気馬らしく自身でまとめて面倒みて、後続を凌ぎ切るという圧巻の内容。

走破時計1分37秒3  上がり35.7秒
この時計及び内容は古馬1000万下を凌駕すると言っても過言で無し。



【大外12番のピンク帽がジャッカスバーク号】






シビれた。


いやぁ~、ダービー前に2勝目をあげておくと、選択肢が増えてラクなんです。

一応、今のところは放牧とせずに続戦らしく。
クラブはクラス編成後(ダービー後の6月に毎年実施)に自己条件(古馬1000万下)を使うというようなことを匂わせてますが、やはりここは、

ユニコーンSに向かうしかあるまい。

なかなか、ダート重賞なんて出られないのだから。

 ・・・ 。


アジアエクスプレスに是非、挑戦したい!

待ってろ。

【現2歳世代】12年産出資馬のご紹介 ~東京TC編~5

mkkfl
レッドラミア号募集時2013・7(1歳)


レッドラミア号 牝2 栗東・藤原英昭厩舎
2012年3月10日生
生産:社台ファーム
育成:社台ファーム
父:ディープインパクト
母:マウントコブラ(BMS:Mt. Livermore ) 母12歳時出産 第五仔
5代内アウトブリード

今や堂々の種付け料 2,000万円
ディープインパクト産駒

 ・・・ 。

『ディープインパクト仔に出資したことないから』という理由だけで申し込んだ。
ディープインパクトの配合としては①ノーザンダンサー系 もしくは②筋肉量誇るパワー型の短距離寄り と、まぁ簡単に言えばこんな感じが基本だと思うけど、この馬の配合は Blushing Groom 系だから一応は②のほうだね。本当はノーザンダンサーのほうが良いけどね。でも Blushing Groom もそんなに悪いわけではない。

馬体はトモがやや寂しい気もするがディープ牝馬だからこんなものかもしれない。
あと、一番気にしているのは飛節。色々な角度から写真も見たし、飽きるほど動画も見たけど、ほぼ間違いなく『直飛』だね。まぁそれだと絶対ダメってわけではないけど…

ディープ牝馬は消耗激しいから、レースを厳選して馬の調子を見極め、あまり使ってこない印象の藤原さんは向いた預託先かもしれない。脚が曲がったサクセスブロッケンをあそこまで出世させた人だからこれも何とかしてくれないかな?などと淡い希望を…

 ・・・ 。

現在 450kg を若干下回るくらい。 もう少し膨らんで欲しいけどね。

 ・・・ 。

続いて2頭目。

srjfhlskh
レッドシェダル号募集時2013・7(1歳)


レッドシェダル号 牝2 栗東・橋田満厩舎
2012年3月25日生
生産:社台ファーム
育成:社台ファーム
父:ジャングルポケット
母:スターリーロマンス(BMS:サンデーサイレンス) 母14歳時出産 第五仔
5代内アウトブリード

上の4頭、きょうだいの全てが『中央で3勝以上』と、隠れた優秀繁殖牝馬スターリーロマンスの第5仔。ダノンミルの全妹で直ぐ上のお姉ちゃんはノボリディアーナ。

出資に際し、正直言って配合など全然見ていない。疑ってない。
ジャングルポケットにサンデーを持ってくるのは定石、くらいしか知らない。
まぁ、きょうだいと同じくらい走ってくれたら大当たりだね。

唯一懸念するのは橋田さんで、アドマイヤとかスズカの馬を優先するのはわかっているが、まぁ、そこくらいかな。
胴伸びのある馬体で現在 460kg を上回るくらいで上々の馬体を誇る。

 ・・・ 。

続いて3頭目。

sdljghs
レッドディザーブ号募集時2013・7(1歳)


レッドディザーブ号 牡2 栗東・西園正都厩舎
2012年4月18日生
生産:社台ファーム
育成:社台ファーム
父:フレンチデピュティ
母:シーディザーブス(BMS:サンデーサイレンス) 母13歳時出産 第五仔
5代内アウトブリード

馬の写真やDVDを見ると胴詰まりで繋ぎも短めで立ち気味、牡馬のくせに募集時400kgにも満たない身体と、現在も残口表示もされない不人気馬。まぁ体型からは距離も持たないであろうことは自分自身承知の上で、そんな馬に自分は一次で普通に申し込んでしまったわけですが…。でも短距離で西園さんなら良いじゃぁないですか、と自分に言い聞かせている次第。

フレンチとサンデーの配合は Blue Moon と Nothirdchance の相似クロスの影響で好相性とは以前から言われていること。で、母系には所謂『ハイインロー』も目立つし、先行して粘れる体質ではないか、と。短距離で逃げ馬とか極端な追い込み馬という脚質は個人的に好まないので。

まぁでも、フレンチも種付時に19歳だからねぇ…。
『いまさら』感は拭えないし、活力を求めるのは酷かも。

それでも現在は 480kg オーバーと馬体のほうは順調です。

 ・・・ 。

続いて東京TC最後の4頭目。

rslkjg
レッドアイヴァー号募集時2013・7(1歳)


レッドアイヴァー号 牡2 美浦・鹿戸雄一厩舎
2012年2月15日生
生産:下河辺牧場
育成:下河辺牧場
父:タイキシャトル
母:ラピーダシャリナ(BMS:Vicar ) 母6歳時出産 初仔
Northern Dancer 5×5

栗毛のキレイな馬で一目惚れ感が強い。
下河辺牧場の生産・育成馬に出資…まぁ、社台グループ以外に出資ってのもちょっとね。本当は社台グループ以外の生産・育成馬に興味さえ無いから(今も無いけど)普通にスルーしていたいのだが…

まぁ、この馬の資質についてはわかりません。
配合も一覧しただけです。

 ・・・ 。

どうせ小口でしか出資してないですし、まぁいいでしょう。

=========

東京TCも2年目で、一次から普通に申し込めたのでまずまずのラインナップだと思う。
親ブログ(新バージョン)への誘導
親ブログ(旧バージョン)への誘導
最新記事(画像付)
最新コメント
QRコード
QRコード
Profile

HardGay

記事検索
  • ライブドアブログ